2016年12月15日のIR推進法案の成立を受けてIR実施法案の整備が始まり、日本のカジノ・ギャンブルへの注目がますます高まっています。今まででも日本で公にリアルマネーでギャンブルできるものと言えば、公営競技(競馬、競輪、競艇、オートレース)や宝くじ(ロト6、ロト7、ジャンボ宝くじ、スクラッチなど)、スポーツ振興宝くじがあります。それ以外にリアルマネーでギャンブルできるものとしては、オンラインでギャンブルという手段があります。これは、インターネットを通して海外を拠点とするオンラインカジノ業者のサイトからオンラインでギャンブルができるというものです。IR推進法案が成立したとはいえオンラインカジノの法的な位置づけは今のところ微妙ですが、IR実施法案への取り組みと共にこちらも徐々に整備されていくでしょう。

さて、このオンラインカジノで何ができるのかというと、本場ラスベガスやマカオなどとほとんど変わらない、バカラやルーレット、ポーカーやスロット、ダイスゲームなど、あらゆるゲームに参加することができます。もちろんリアルマネーを賭けて、オンラインでギャンブルができます。業者はみな海外に拠点があるとはいえ、最近では日本語対応、サポートも日本語で受けられるというサイトも多くみられるようになりました。登録も各オンラインカジノのサイトから簡単にできるようになっています。Flash対応、スマホ対応になっているゲームもたくさんあり、いつでもどこでも気軽にゲームを楽しむことができます。リアルマネーでギャンブルできるのはもちろんのこと、これから始めたいという方は各オンラインカジノのサイトが提供している無料のゲームを試してみることもできます。リアルマネーの入金方法も大変簡単なので、駅で電車を待っている間にジャックポットなんていうこともあり得るかもしれませんね。